いよいよ、あと3週間後に迫ってきましたアートインナガハマ2017。

今年は10月7日(土)、8日(日)に開催されます。

 

今回は、企画のご紹介です。

台東区×長浜 芸術交流

1週間前から長浜に滞在し、長浜市を探索する中でインスピレーションにより描くものを決め日本家屋の襖に描いていくパフォーマンスを行います!そして今回、滞在制作するアーティストは佐藤周作氏です。

16178472_1419335288084825_1099591448069817808_o

プロフィール

1985年生まれ東京都出身 2008日本大学藝術学部美術学科絵画コース卒 2008年の春より「動物」「墨」を用いて作品を描き始める。 大学卒業後はギャラリーカフェで働く8年間の間、数多くのアーティストやイベントに関わり、運営していく。 2015年の11月から、モノづくりの街として注目をあびる東東京蔵前にて、アーティストが集い交流し発表をしていくシェアアトリエをスタートさせる。 地域を巻き込んだイベントへの参加・企画立案、小学校跡地での野外展示、動物園でのライブペイント、鞄ショップとのコラボレーション企画など自身の活動範囲も広げ、2017年フリーのアーティストとして活動を始める。

会場は、文泉堂をお借りする事ができました。文泉堂は古くからある日本家屋を使った本屋さんで、庭には樹齢400年とも言われている梅の木があったりする趣ある場所です。

P7290316

事前に別の場所である程度仕上げてから、文泉堂さんに運んでアートインナガハマ期間中に仕上げる形となります。
制作中の様子も見れますので是非お越し下さい!